2020/06/19 中国経済連合会会報「新会員紹介」に福徳技研㈱が掲載されました。 | 福徳技研株式会社 建築塗装、橋梁塗装、塗り替え 、土木構造物の補修、コンクリートの塩害・中性化・アルカリ骨材反応対策の調査・設計・施工 コンクリート構造物の補修・補強に関する調査・設計

2020/06/19 中国経済連合会会報「新会員紹介」に福徳技研㈱が掲載されました。

新会員紹介

2020/06/19 中国経済連合会会報「新会員紹介」に福徳技研㈱が掲載されました。 | 福徳技研(株)
●法人名 福徳技研株式会社
●所在地 広島市中区東千田町二丁目3番26号
●設 立 1966年11月
●資本金 2,000円
●代表者 代表取締役 徳納 剛
●従業員数 
●事業内容 塗装工事業 コンクリート補修工事業 


弊社は昭和41年11月に、土木工事業と宅地建物取引業を目的とて「福徳開発株式会社」として設立いたしました。以来、時代の変化とともに業態も変化を遂げ、昭和五十二年には塗装事業の拡大にともない「福徳塗装工業株式会社」に改称いたしました。そして、近年は、橋梁等のコンクリート構造物の定量的な劣化対策工法を確立して、コンクリート補修事業を第二の柱として行っております。
このように技術の研鑽に軸足を置いて堅実な成長を目指すという会社の方針を一層明確にするため、平成22年5月10日より社名を「福徳技研株式会社」に改称いたしました。
ほとんどのコンクリート構造物は50年の耐用年数で設計・建設されました。現在、そのコンクリート構造物の30%以上が50歳を超えています。そして今、「コンクリート100年時代」を迎えました。弊社では、大学等の研究機関と組んで、コンクリート構造物の健康寿命を延ばす定量的な補修工法「リハビリ工法」を確立しました。2011年(一社)コンクリートメンテナンス協会を設立し定量的なコンクリート補修工法を全国で展開してまいりました。現在全国に130社の会員がいます。その「リハビリ工法」が1918年「ASRや塩害により劣化したコンクリート構造物の補修技術」として、補修技術と普及の取組が第26回中国地域ニュービジネス大賞を受賞しました。そして、「地域未来牽引企業」として社会資本整備に取り組んでいます。
弊社は塗装技術とコンクリート補修技術で安心安全な環境創造に取り組んでまいります。
福徳技研株式会社
福徳技研株式会社
〒730-0053 広島市中区東千田町2丁目3-26
TEL:082-243-5535  FAX:082-243-6444
Mail : info@fukutoku-group.co.jp