岡の下橋補修工事 | 福徳技研株式会社 建築塗装、橋梁塗装、塗り替え 、土木構造物の補修、コンクリートの塩害・中性化・アルカリ骨材反応対策の調査・設計・施工 コンクリート構造物の補修・補強に関する調査・設計

岡の下橋補修工事

区分: 橋梁上部工/橋梁下部工
劣化機構: 中性化
適用工法: リハビリシリンダー工法 / 表面被覆工法 / 断面修復工法
発注者: 広島市
工事場所: 広島市佐伯区
施行期間: 2016/4~2016/8

施工数量
ひび割れ注入工L=280m
断面修復工A=49m2
表面保護工A=260m2
橋梁塗装工A=334m2

工事概要
 中性化を主とする複合劣化による、コンクリートの浮き・剥離に対して補修を行った。
橋台・橋脚にはひび割れ注入・断面修復を行い、コンクリート床板にはそれに加えて、表面保護を行った。
福徳技研株式会社
福徳技研株式会社
〒730-0053 広島市中区東千田町2丁目3-26
TEL:082-243-5535  FAX:082-243-6444
Mail : info@fukutoku-group.co.jp