落書き消し 裏通りで始動 ぞうきん手に作業を「実習」 中区で商店主ら50人|2006年09月27日 中国新聞 | 福徳技研株式会社 建築塗装、橋梁塗装、塗り替え 、土木構造物の補修、コンクリートの塩害・中性化・アルカリ骨材反応対策の調査・設計・施工 コンクリート構造物の補修・補強に関する調査・設計

プレス情報

2006年09月27日 中国新聞

落書き消し 裏通りで始動
ぞうきん手に作業を「実習」 中区で商店主ら50人

2006年09月27日 中国新聞 本通り商店街(広島市中区)の南側に並行する二本の「裏通り」から落書きを一掃しようと、「袋町『裏通り』活性化委員会」(松本峰人世話人代表)のクリーンプロジェクトが二十六日、始動した。現地で作業を学ぶ「実習」に商店主ら約五十人が集まり、壁の落書き消しに汗を流した。
 参加者は、塗装業者から落書きを落とすスプレーなどの使い方を教わりながら、ぞうきんを手に縦三㍍、横約十㍍のトタン壁一面に広がる落書き消しに取り組んだ。力を入れてこする慣れない作業に「結構落ちる」「腕がだるくなるよ」などと言いながら、次々と消していった。隣接するモルタル壁のビルでは、ペンキを上塗りして文字などを隠した。
 広島商工会議所などの調べでは、落書きやシールを張られた壁や電柱は四日現在で二百二カ所ある。環境美化と活性化を目指し、活性化委が商店主に「落書き消し」を呼び掛けていた。
 「裏通り」に不動産事務所を構える林成昭さん(48)は「落書きする人に、苦労して消す姿を見てもらいたい。もう書かないでほしい」と話していた。

2006年09月27日 中国新聞 | 福徳技研(株)
2006年09月27日 中国新聞 | 福徳技研(株)
2006年09月27日 中国新聞 | 福徳技研(株)
2006年09月27日 中国新聞 | 福徳技研(株)
福徳塗装とスズカファインで作業の指導をしました。使用した塗料は水性ウレタンとパイロキープFXです。パイロキープはホワイトボードみたいに消せるので選定されました。
今回の作業後、すぐに落書きされましたが、松本さんがすぐ消し、これを2回繰り返しました。その後1年以上経過しますが新たな落書きはされていません。

福徳技研株式会社
福徳技研株式会社
〒730-0053 広島市中区東千田町2丁目3-26
TEL:082-243-5535  FAX:082-243-6444
Mail : info@fukutoku-group.co.jp