建築塗装・橋梁塗装・塗り替え・コンクリート補修・補強は福徳技研

建築塗装、橋梁塗装、塗り替え|福徳技研株式会社
2017年01月26日 中国新聞|平和の灯 補修試験着手|JCMAと県コンクリ診断士会|方法 市に提案へ|福徳技研株式会社 建築塗装、橋梁塗装、塗り替え 、土木構造物の補修、コンクリートの塩害・中性化・アルカリ骨材反応対策の調査・設計・施工 コンクリート構造物の補修・補強に関する調査・設計

プレス情報

2017年01月26日 中国新聞

平和の灯 補修試験着手|JCMAと県コンクリ診断士会|方法 市に提案へ

2017年01月26日 中国新聞|平和の灯 補修試験着手|JCMAと県コンクリ診断士会|方法 市に提案へ
 県コンクリート診断士会(広島市中区)は25日、平和記念公園(同)にある「平和の灯」の補修に向け、適切な方法を調べる試験をボランティアで始めた。27日まで続け、市に補修や維持管理の方法を提案する。
 初日は約10人が参加。コンクリート製の台座に高圧洗浄機で水を吹き付け、表面の汚れやコケを落とす作業をした。26、27日は台座に汚れがつきにくくするための補修材などを試して効果をみる。4月末までをめどにしへ提案する。
 平和の灯は、丹下健三氏の設計で1964年8月に完成。建設趣意書によると、炎は世界の核兵器がゼロになるまで燃え続けるとされる。昨年5月に同会がした台座の調査では鉄筋がむき出しになってさびたり表面がひび割れたりした箇所が複数見つかったという。
 鈴木智郎副会長(66)は「世界中の観光客が注目する場所であり、広島の技術者として維持の役に立ちたい。8月6日までに補修を終えるのが理想だ。」と話した。 (長久豪佑)