建築塗装・橋梁塗装・塗り替え・コンクリート補修・補強は福徳技研

建築塗装、橋梁塗装、塗り替え|福徳技研株式会社
2014年08月20日 中国新聞 原爆による広島壊滅「第一報」伝える|軍司令部建物 構造に迫る 広島城で市文化財団 調査内容を来年展示|福徳技研株式会社 建築塗装、橋梁塗装、塗り替え 、土木構造物の補修、コンクリートの塩害・中性化・アルカリ骨材反応対策の調査・設計・施工 コンクリート構造物の補修・補強に関する調査・設計

プレス情報

2014年08月20日 中国新聞

原爆による広島壊滅「第一報」伝える|軍司令部建物 構造に迫る 広島城で市文化財団 調査内容を来年展示

2014年08月20日 中国新聞
 広島市文化財団が、原爆による広島壊滅の「第一報」を伝えた中国軍管区司令部(中区)の建物の構造を調べている。図面などの資料が現存していないためで、調査内容は来年の被爆70年に合わせて、広島城で聞く企画展で紹介する予定。
(鈴中直美)

 同司令部は半地下式の鉄筋造りで、爆心地から北約79Oメートルの広島城本丸の一角にある。防空作戦室や通信室など4室からなり、かつては比治山高等女学校(現比治山女子高)の生徒が空襲・警護官報の伝達業務に動員されていた。
 同財団が企画展を計画し、同司令部の図面や構造の記録や資料を探したが残っていなかった。建物を管理する市緑政課は「これまで調査をしたことがあるか分からないのが実情」と話す。
 同財団が広島工業大の十河茂幸教授(コンクリート工学)に相談。今月、約20人がコンクリート内部の鉄筋の配置や太さを診断し、屋根や壁面の厚さも測った。十河教授は「軍の施設としてどの程度の爆撃に耐える構造で建てられたのかを明らかにしたい」と話す。9月ごろには結果が分かるという。
 企画展は、広島城と陸軍がテーマ。今回の調査内容を、パネルや図面で解説する予定。同財団の秋政久裕主任(52)は「調査結果は、建物について説明する際の貫重な裏付けデータとなる。さまざまな視点で被爆の実態を伝えていきたい」と話している。