建築塗装・橋梁塗装・塗り替え・コンクリート補修・補強は福徳技研

建築塗装、橋梁塗装、塗り替え|福徳技研株式会社
巴橋18年ぶり化粧直し あすから3月完成|福徳技研株式会社 建築塗装、橋梁塗装、塗り替え 、土木構造物の補修、コンクリートの塩害・中性化・アルカリ骨材反応対策の調査・設計・施工 コンクリート構造物の補修・補強に関する調査・設計

プレス情報

2010年01月13日 中国新聞

巴橋18年ぶり化粧直し あすから3月完成

2010年01月13日 中国新聞
 三次市のシンボルとなっている巴橋の塗り替え工事が14日に始まる。18年ぶりの作業で、3月中に鮮やかな赤いアーチがよみがえる。
 事業主体の県によると、高さ17メートル、長さ103メートルのアーチ
部分と、長さ170.6メートル、幅19メートルの橋げたの表面、計10790平方メートルを塗り替える。塗料で表面を保護することで劣化を防ぎ、橋の長寿命化を図る。
 十日市地区と三次町を結び国道375号が通る現在の橋は1983年供用開始。92年に1度、塗り替えている。足場を組む資材搬入を12日に始める予定だったが、降雪が予想されたため、14日に延期した。
 事業費は7200万円で、国・県が半分ずつ負担する。県北部建設事務所は「市民に愛されるシンボルなので、早く完了して、地域を明るくしたい」としている。工期は3月17日までの予定で、足場が組み上がる1月下旬まで日中は片側通行となる。