建築塗装・橋梁塗装・塗り替え・コンクリート補修・補強は福徳技研

建築塗装、橋梁塗装、塗り替え|福徳技研株式会社
中性化により劣化した橋梁の上部工を補修しました。|福徳技研株式会社 建築塗装、橋梁塗装、塗り替え 、土木構造物の補修、コンクリートの塩害・中性化・アルカリ骨材反応対策の調査・設計・施工 コンクリート構造物の補修・補強に関する調査・設計

吉和戸河内線橋梁補修工事

施工前

施工前
施工前
施工前
施工前

仮設工

足場組立は、橋梁点検車を使用。

損傷状況

損傷状況
損傷状況
損傷状況
損傷状況
損傷状況
損傷状況
劣化の要因は、中性化や凍害等色々混ざり合った複合劣化と思われます。鉄筋の露出は桁下面ほぼ全部、側面は強度のない(深さ3cm〜6cm程度)のコンクリートでした。

断面修復工

はつり
はつり
はつり
はつり
側面・床版のはつりは、チッピングサポート(エアーサポート)を使用しました。エアーサポートの威力はすごいです!

断面修復工 左官工法

プロコン40塗布
プロコン40塗布
左官状況
左官状況
はつり後、浸透拡散型亜硝酸リチウム40%水溶液を塗布します。乾燥後ポリマーセメントエマコS99Pで埋戻します。

表面保護工

表面塗布
表面塗布
表面保護
表面保護
プロコン40をコンクリート面全面に塗布しました。乾燥後、亜硝酸リチウム含有モルタルを2mm厚にて塗布しました。


表面被覆工

アロンブルコート
アロンブルコート
アロンブルコート
アロンブルコート
アロンブルコートZ−狭法の施工です。

現場で発見

流石吉和の川です。オオサンショウオがチョクチョク散歩してました。