建築塗装・橋梁塗装・塗り替え・コンクリート補修・補強は福徳技研

建築塗装、橋梁塗装、塗り替え|福徳技研株式会社
福徳技研株式会社 建築塗装、橋梁塗装、塗り替え 、土木構造物の補修、コンクリートの塩害・中性化・アルカリ骨材反応対策の調査・設計・施工 コンクリート構造物の補修・補強に関する調査・設計

小屋浦橋補修工事

けんちゃんのブログより

広島ガステクノさんの下請けで、小屋浦橋を直しています。
典型的な塩害の現場です。
今、ごっつい断面修復をしています。

年末に浮いているコンクリートをはつり取って、年明けからモルタルを埋め戻しています。

そちらの様子を写真でどうぞ。



現場代理人の寺廻喜太郎さんです。

プライベートでは、ソフトボールチーム(横浜ミラクルズ)のきびし〜いキャプテンですが、
仕事の時は、やさし〜い現場監督です。


浮いているコンクリート(緑のスプレー部分)
コンクリートはつり状況
みるみるコンクリートが落ちる
人の体重くらいはありそうなコンクリートがバンバン落ちます。


ハツリ殻をはつる
足場の上に落ちたコンクリートを細かくくだいています。
土のう袋に入らないからです。


モルタル埋め戻し状況
モルタル埋め戻し状況
鉄筋の間にモルタルを詰めている。
写真は昨日(1/12)の状況です。
鉄筋防錆材とプライマーを塗った後の、
モルタル一発目。

最初に鉄筋の隙間やコンクリートの凹凸面に、丁寧にモルタルを詰めます。
この作業を、業界用語では「こする」と言います。
これをいい加減にやると後で浮いた音がします。
そうなると、再度はつり取ってやり直しとなります。
鉄筋の裏には手作業でないと入りません。

30分くらいしか現場にいませんでしたが、見た感じ大丈夫そうです。
この現場は、自分が信頼できる職人を送り込めているので、最後まで大丈夫だとは思っていますが。

また時々報告しまーす。